夏のお肌ダメージは遅れてやってくる!?

夏に浴びた紫外線によって受けたお肌ダメージは
秋になって日焼けによる黒さが気にならなくなっても、ゴワつきやくすみ、肌ツヤがなくなっている場合があります。
これは紫外線の影響によるもので受けたダメージは遅れてやってきます。

黒く皮がむけるほど日焼けした場合はもちろん、
実はあまり黒くならなかった場合でも、紫外線の影響が残っているのです。
秋になり、紫外線も弱まってきて一安心ではありません!

【遅れてくる紫外線ダメージに要注意!】

半日くらい日にあたって焼けただけでも、紫外線の影響で日焼け後10日後
くらいまで皮膚の細胞の形や配列が不規則になり、細胞が縮小してしまいます。
その後、ゆっくり変化しながら2〜3ヶ月かけてもとの状態に戻っていくので
夏に何度も海に行き日焼けした場合には、肌が完全にもとに戻るのに
約1年以上かかってしまいます。
このように紫外線の影響を受けやすい肌ですが、無抵抗なわけではありません。
紫外線が細胞に与える影響を少なくしようと
普段よりも角質層を厚くし肌を守ろうとしてくれます。

このため、秋口の肌はゴワつきを感じたり、古い角層が毛穴に
つまりニキビなどのお肌のトラブルが起きやすくなったりしてしまうのです。
さらに、肌のうるおいバリアもダメージを受け、肌の水分が減ることで
カサカサしたり、肌のキメやツヤなども少しずつ悪化し、くすみなどを引き起こしたり、
長年の蓄積により年齢肌が早く進行してしまったりします。

【夏のダメージ→秋口の肌ケア】

湿度の高い夏よりも、残暑から秋に入る季節は湿度が低くなるため、
お肌がとても乾燥しやすくなります。
夏にダメージを受けた肌のうるおいバリアをケアして、
肌の水分量を適度に保つためにも、保湿を中心としたスキンケアをしっかりと行いましょう。

1.まずは化粧水!でも化粧水を過信しすぎない
化粧水で肌をうるおすことは大切ですが、
化粧水をつければつけるほど浸透するという訳ではありません。

基本的に化粧水は、洗顔の後適量を手に取り、顔全体に手の平を使IT、包み込むようにします。
このときに、くれぐれもパッティングなどによって刺激や摩擦をおこさないようにしてください。

2.少しつけすぎかも…を目安に乳液・クリームを
化粧水で肌を整えた後は、乳液やクリームを使って肌の水分をキープします。
この時、オイリー肌やニキビ肌の人は「ベタつくのがイヤ」
「油分は必要ない」と思って化粧水だけですましてしまいがちですが、
油分を使ってお肌にふたをしないと、水分が蒸発し肌の水分量が不足してしまいます。
これは、肌のうるおいバリアをさらに低下させるだけでなく、
逆に肌のテカリや大人のニキビなどを引き起こす原因にもなってしまうのです。
悪循環に陥らないためにも、きちんと保湿してください。

クリームの適量は、塗った後にティッシュペーパーが付着するくらいが目安。
顔のパーツの中では、鼻から下の方が水分が失われやすいことが
わかっていますので、重点的にしっかりケアを行って下さい。

水分を保持”させることを意識して、夏のダメージを
ケアしながら本格的な乾燥が始まる季節に備えて行きましょう。

関連記事

  1. 【1日5分】ご自宅で簡単!!むくみマッサージ

  2. 身体の毛穴が気になる方必見。毛穴の仕組みとケア方法

  3. ハンドケア

    冬の手荒れにも効果のあるハンドケア方法

  4. 【顔脱毛】フェイシャル脱毛の効果は??

  5. あなたの肌の種類は??お肌にあう保湿方法とは

  6. 手荒れ季節の冬、正しいハンドケア方法とは?

This error message is only visible to WordPress admins
Error: No posts found.

ご予約・ご質問などはラインでも受け付けております。

友だち追加