冬の手荒れにも効果のあるハンドケア方法

ハンドケア

ハンドケアは美しい手になる為にとても大切なプロセス

女性であれば誰しもが美しい手に憧れているかと思います。ただ現実は乾燥してガサガサになっていたりしませんか?
今回は、自宅で簡単に出来るハンドケアの方法をご紹介させていただきたいと思います。

【ハンドケアで美しい手に入れよう】

ある調査では、男性は相手の女性の顔の次に手に目がいくと言われています。美しい手は女性らしさを感じさせるとともに、思わず触れたくなってしまうような魅力を放ちます。手は年齢を表すとも言われています。ですので、ハンドケアの行き届いた手は、その人の美しさを表現しているとも言えます。毎日のハンドケアを習慣にして美しい手になりましょう。

【何故手荒れが起きるの?】

顔のスキンケアは気を使う事に気を使いすぎて、なぜかハンドケアは疎かになりがちです。毎日の生活の中で手を酷使している女性はとても多いものです。しっかりとハンドケアしてあげないと、ボロボロになってきてしまいます。

では何故手荒れが起きるのでしょうか?
手先には皮膚を保護してくれる皮脂腺が少ないため、手荒れを起こしやすくなっています。アトピー体質の人や家事を毎日されている主婦の方、美容師さんや調理師さんなど、水を使い、手を洗う事が多い人は最も注意が必要です。必要な皮脂まで洗い流してしまい乾燥が激しくなります。乾燥するとひび割れや、あかぎれ、かゆみなどが起こる可能性があり、痛みやかゆみなどで辛い思いをしている方も少なくはないでしょう。

日常生活で使うシャンプーや洗剤の刺激で手荒れが起こる場合もあります。とくにアレルギー体質の人は注意が必要です。また、段ボールや紙を触る作業も手の乾燥を招きます。手や指を刺激から守ることが手荒れを防ぐ方法です。最近では、風邪予防に使うアルコール消毒液で手荒れを起こす人も多くなっている名が現状と言えます。

【ハンドケアは何故必要?】

顔は化粧水や美容液などでスキンケアをすれば、美しく若々しく保つことができます。でも、手は血管が浮き出たり皮膚がガサガサになったりと、なかなかお手入れが行き届きません。手に年齢がでると言われるのはそのためです。
手は身体の中でも皮膚が薄く、乾燥しやすい上に血行不良などが表面化しやすい場所です。ですので乾燥によって皮膚表面の弾力がなくなりカサカサな状態になってしまいます。そのうえ普段の生活で手はよく使うため、常に刺激にさらされています。さらに、紫外線からうけるダメージも重なり手の皮膚はどんどんと衰えて、荒れていくのです。手荒れをそのままにしておくと、ますますひどくなりかゆくなったり切れたりと、生活に支障が出てきますよね。また、刺激によりアレルギー反応を起こして手湿疹などになってしまうと、長い間手荒れに悩むことになります。手の乾燥を防ぎ、バリア機能を正常にしてあげることで手荒れは予防できますその為には小まめなハンドケアが必要不可欠なのです。

【自宅で簡単ハンドケア方法①】

手が荒れる最大の原因は乾燥です。乾燥しているならまずはハンドクリームを塗る事から始める人が多いかと思います。ただしそれだけではハンドケアには不十分です。乾燥にはまず必要となるのは水分です。これは顔のスキンケアに関しても同じことが言えます。たっぷりの化粧水で水分を補給してあげることが美しい手になるハンドケアの一番の方法なのです。

ハンドモデルの人達の間で行われているハンドケアの方法が、スプレーボトルに化粧水を持ち歩いていることだと聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。ハンドクリームを塗る前にシュッと手に吹きかけて、水分を与えてからハンドクリームを塗るのです。手はよく使うパーツですので、高い化粧水を使う必要はないそうです。それよりもお手頃な化粧水をこまめに回数多く使う方がハンドケアの効果があります。

【自宅で簡単なハンドケア方法】

”とりあえず塗っておけばいいや”といった感じで塗ってしまうと、せっかくのハンドケア効果も半減します。

*ハンドクリームを丁寧に塗りましょう。

しっかりとハンドクリームを手のひらで温めて、伸ばしやすくしてあげましょう。
冷たい手に冷たいハンドクリームを浸透させるのはとても難しいです。さらに手の肌に余計な刺激を加えることにもなってしまいます。ハンドケアをする時には適量を手の平に乗せて、両手を合わせるようにして体温で温めてから優しく塗りましょう。
量の制限をして少なく薄く塗るmpではなくハンドクリームはたっぷりと使いましょう。少ない量にすると、皮膚に摩擦が起こりやすく、肌に負担をかけてしまいます。しっかりと塗り込むことで手に馴染ませていくのがハンドケアの方法です。また、ハンドクリームは自分の肌に合った物を選ぶことが大切です。肌に刺激を感じるなど、合わないものはすぐに使用を中止しましょう。

【自宅で簡単なハンドケア方法】

ハンドケアの話題ではよく耳にする、おやすみ時の手袋。でも、自宅で寝る時に実際に行動に移している人は案外少ないと言われています。寝ている時に手袋が邪魔になりそうなイメージや、どんな手袋をしたらいいのか分からないとの声もあります。ハンドケアの効果として、たっぷりとハンドクリームを塗ったら、手袋をすることによって保湿効果が持続します。
寝ている間にも、肌の乾燥はどんどん進行していきます。ですので手袋をすることで乾燥を防ぎ、ハンドクリームの浸透を助けてくれます。手荒れがひどくなってしまうと、赤くなったり水泡が出来たりして、とてもかゆくなってしまいます。寝ている間に掻き壊してしまう事もあるので、手袋をしていれば安心ですね。
また、ハンドクリームのべたつきが、自宅のドアやベットなどの寝具へ移るのを防いでくれます。手袋は寝ている間に蒸れないような綿素材や、シルクの物を選ぶのをおススメいたします。市販でナイトグローブと呼ばれるおやすみ時の手袋もありますので、自分に合った手袋を使うといいでしょう。ハンドケアは習慣にすることが大事です。いつものスキンケアメニューに取り入れてみましょう。

【自宅で簡単なハンドケア方法マッサージ編】

手荒れなどのハンドケアにはハンドクリームが効果的ですが、実はオイルもハンドケアにおすすめです。普段のハンドケアより、少し丁寧にマッサージをすることで、さらに美しい手になることができます。一日の終わりにじっくりとハンドケアをすることを心がければ、これからの辛い乾燥の季節も手荒れ知らずで快適に過ごすことができます。

ネイルなどをしている人は特に指先のハンドケアは大事です。自宅でもできるハンドケアとしてオイルの活用をおすすめします。スキンケアにも使えるオイルを使えば一石二鳥です。セサミオイルはべたつかずさらっとした使い心地で肌に浸透します。爪の周りも念入りにマッサージしながらなじませるといいでしょう。
またスキンケアでも人気の高い、ホホバオイルやオリーブオイルなどもおすすめです。植物由来の天然オイルは肌に優しくなじむので、自分の好みのオイルでマッサージすれば、ハンドケアとリラックス効果の両方が実感できます。またアロマの精油などを混ぜれば香りでも癒されて、自宅でもサロンような心地よさを体感できます。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?これからの季節、乾燥からひび割れや、あかぎれなどから手を守るにはしっかり保湿を心掛けましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 夏の身だしなみ?うなじ脱毛について

  2. 周りと差がつく全身のボディケアについて

  3. 気になる脇の黒ずみ改善

    気になる脇の黒ずみ、改善出来る?

  4. 手荒れ季節の冬、正しいハンドケア方法とは?

  5. 顔脱毛のメリットとデメリット

    顔脱毛がしたい方必見!!フェイシャル脱毛メリットとデメリット…

  6. 身体の毛穴が気になる方必見。毛穴の仕組みとケア方法

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

ご予約・ご質問などはラインでも受け付けております。