紫外線が強くなる夏に向けての対策方法

お肌にとって過酷な環境となる夏に向けてお肌ケアを重点的にしていく季節となりました。「肌状態は季節を後追いする」といった言葉を聞いたことはありますか?初夏から夏にかけて、どんな生活や肌のケアをしていたかによって、秋から冬にかけての肌状態が変わってきます。皆様は暑さが落ち着いた秋口頃に急に目尻や口周りの小じわが気になりだしたといったような経験はありませんか?夏に受けた肌へのダメージが、少し和らぐ秋口頃になって、さまざまなトラブルとなって出てくるケースが実は多く見られています。
夏のダメージが秋の肌トラブルにならないためにも、また、夏を美肌で過ごすためにも、夏の肌ダメージ要因と対処法をチェックし、1年を通して内側から輝くうるつや美肌を目指していきましょう。

【夏のお肌ダメージの3大要因とは?】

*冷房による乾燥と冷え

この季節は、室内はどこにいっても震えるほどに冷房が効いていること多いと思いますがその環境によって、肌の乾燥が進んでいきます。また、冷えは万病の元と言いますが、夏でも過度なエアコンにより、血行が滞り体調や肌バランスを崩して、乾燥や肌荒れ、くすみなどの影響が出てしまいます。

*汗によるお肌の細かい傷

体温調整をはかる汗も過度になればお肌にとって害になる可能性も出てきます。肌バランスが崩れるだけでなく、過剰に分泌された汗に含まれる塩分が肌に付着し、その上を強くこすってしまうと肌には見えない細かな傷がつくことにも繋がります。

*紫外線

そして、誰もが知っていると言っていいほどお肌にとって最大の敵と言えるのが”紫外線”です。肌老化の約7割は何らかの紫外線の肌に対する影響(光老化)を受けていると言われています。皮膚の炎症やシミの発生、コラーゲンの減少やエラスチンの破壊などによるハリ・弾力の低下、シワなどの要因となっています。

【気づかない内にお肌ダメ-ジを増やしていませんか?】

日々の中で気づかない内にお肌のダメージを増やしてしまっている可能性があります。当てはまるものをチェックしてみましょう。

<フェイスラインだけでなく、首、耳なども紫外線対策が出来ていますか?>

意外に忘れがちな首の後ろやデコルテ、日焼けしやすいので忘れず紫外線対策しましょう。

<日焼け止めを使用する際に商品ごとの使用量・塗り方や落とし方を確認していますか?>

商品によって、推奨している使用量や落とし方などさまざまです。初めて使用するものは特に、肌への負担を最小限に、その商品の良さを活かすためにも、面倒がらず、説明書や店頭でしっかり使用方法を確認しましょう。

<雨や曇りの日、一日中家にいる時にも紫外線対策していますか?>

晴れの日を100%とした時、曇りの日にも50〜60%、雨の日でも約30%程度の紫外線が降り注いでいます。また、部屋の中にいても窓を透過して紫外線の影響を受けます。車の運転をよくする人は、紫外線のダメージが窓側の腕や頬で左右差となって表れるケースもあるのでしっかり紫外線対策をしましょう。

<暑い、汗が出るからといった理由で日々のお手入れをおろそかにしていませんか?>

汗によりお肌は潤っていると思われがちですが、汗の塩分が逆に肌のうるおいを奪うなど、肌の水分×油分バランスは崩れています。毎日の丁寧なお手入れの積み重ねが美肌を作ります。

<手先・足先・ヒップ・お腹・太もも、冷たいと感じるところはありませんか?>

冷たい飲み物やカフェインの取り過ぎ、ストレス過多など生活習慣の見直しをしましょう。また、自覚症状がないところで身体深部の冷えが進行しているケースもあります。夏でも日頃からカラダを温める温活を意識しましょう。

【紫外線との上手な付き合い方について】

紫外線は体内でビタミンDをつくったり、太陽光を感知して体内時計をリセットするなどのメリットがあります。しかし、そのメリットを上回るデメリットとして、日焼けや光老化などの肌トラブルや免疫力の低下、皮膚がんや白内障のリスクを高める事が知られています。すべてにおいて、紫外線を怖がることはありませんが、皮膚を守るという観点からも無防備に過ごすことは控えましょう。
日焼け止めは、昔と比べ成分やつけ心地も多様化しており、ひとりひとりの多様なニーズに合わせた自分にとってのベストが見つけやすくなっています。しかし、人によっては、日焼け止めの成分やつけ心地が合わないので使えないという方や忙しくて時間がとれないとい方も多いですね。そこで、日焼け止めができていないとストレスに感じる必要はありません。それこそ、ストレスが肌トラブルの元になりかねません。帽子やサングラス、日傘にアームカバーなどのアイテムを上手に使用するのもひとつの方法です。できるところから、習慣化できるものから始めてみましょう。

【夏のウルツヤ美肌の作り方について】

*紫外線は朝から降り注ぐ「年中紫外線対策」

紫外線対策は1年中を通して行うのが基本です。日焼け止めまでを毎朝の習慣にしましょう。洗濯干しやゴミ出しの時にも紫外線の影響が、少しずつでも積み重なれば大きいものになります。

*こまめに押さえる

汗は、優しく押さえて拭くが基本です。ごしごし擦らないでください。そして、拭いたら日焼け止めを優しくトントンと塗りなおしましょう。汗を優しく押さえるため、濡れた小さめタオルをジップロックに入れて持ち歩くのもおすすめです。

*うっかり日焼けの対処法「冷タオルで鎮静」

日焼けは、一種のやけどと同じといえます。火照った肌は、まず冷タオル等で冷やして火照りを鎮めましょう。洗面器に水を張りペパーミント精油を1滴、そこにタオルを入れて適度に水気を絞り、ビニール袋に入れて冷蔵庫に冷やしておくと、帰宅時やお風呂上りの火照りを鎮めるのに使え、アロマの香りと作用でより涼やかで気持ちいいのでおすすめです。

*水分・油分のバランスを整えて「美肌の土台」を作りましょう

汗がたくさん出ると肌は潤っているように感じますが、カラダも肌も乾燥が進んでいます。また、夏は化粧水などで水分補給だけという方もいますが、肌ダメージを受けにくい健やかな肌には水分と油分のバランスがとても重要です。その土台がしっかり整っていれば、多少の日焼けもリカバーできます。うっかり日焼けした日には、ローションをコットンにたっぷりとり、コットンパックをしてみて下さい。今日の肌ダメージは、今日のうちにケアを心がけていきましょう。

【まとめ】

紫外線の強くなる夏。対策を日頃から心がける事によって、これから何年、何十年とお肌のくすみや老化を防ぐことに常がっていきます。面倒くさがらずにコツコツ積み重ねていきましょう。

関連記事

  1. 【顔脱毛】フェイシャル脱毛の効果は??

  2. 腸マッサージ

    自宅で簡単!!話題の”腸揉みマッサージ”って?

  3. ハンドケア

    冬の手荒れにも効果のあるハンドケア方法

  4. 毎日のスキンケアは間違いだらけ?

  5. 秋月と女性の身体の関係性について

  6. 夏の化粧崩れ…崩れないメイク方法‼

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

ご予約・ご質問などはラインでも受け付けております。

友だち追加