夏の化粧崩れ…崩れないメイク方法‼

女性にとって、必ずと言っていいほど日々のルーティンに関わってくる”メイク”ですが、夏の日差しと暑さはメイクの大敵と言えるでしょう。
「朝メイクしている最中からでも汗が噴き出てきてまだ感性もしていないのに崩れてくる」といったような経験をされたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
それが故に、季節の中で夏が一番苦手…と思われている方も…
ですが、少しメイク方法を工夫するだけで化粧崩れが気にならない、楽しい夏を満喫出来るようになります。
今回は、夏にメイク崩れをしにくくする、工夫メイク方法についてご紹介させていただきたいと思います。

【水・汗・皮脂に強い、梅雨も猛暑も気にならないメイク方法】

~スキンケア編~

*正しい洗顔はスキンケアの基本です

朝は水洗顔のみという方も多いようですが、水洗顔のみというのは、良くありません。脂性肌の方はもちろんですが、乾燥肌の方も、皮脂や汚れだけでなく前の晩のスキンケアが肌の上に中途半端に残ってしまうとメイクの妨げになってしまいます。
皮脂は取り過ぎず残し過ぎず、自分の肌質に合った洗顔料で正しく不要なものを落とす事が重要です。冷たい水は汚れが落ちにくく、熱いお湯は皮脂を取り過ぎてしまうので、ぬるま湯で丁寧に洗うとよいでしょう。

*ごわつきや毛穴ケア対策でお肌を整えましょう

皮脂の出やすい肌タイプの方は毛穴を引き締める事も重要となります。また、角質肥厚を起こして肌がゴワついた状態も化粧崩れの原因となってしまいますので、スキンケアの最後に収れん化粧水で毛穴を引き締めて皮脂の分泌を抑えたり、週1回の角質ケアで肌を柔らかく整えると化粧もちに差が出てきます。(”収れん化粧水”とは、お肌の乱れたきめを整えながら引き締めてくれる効果のある化粧水のことを言います)

*崩れないベースメイクは何よりも”保湿”が鍵となります

「夏はベタつくから保湿はあまりしない方が…」と思っている方、それは大きな勘違いです‼なぜなら、皮脂が過剰に分泌されるのは、肌内部の乾燥が原因の場合もあるためです。
脂性肌の方も保湿はしっかり行ってください。沢山の水分で保湿したら、乳液やクリームなどの油分でフタをする事も忘れずにしましょう。
ただし、脂性肌の方が保湿力の高い乳液やクリームをつけると化粧崩れやニキビの原因になってしまう場合もあるのでさっぱりタイプの保湿クリームや化粧水を選ぶのがおススメです。

~ベースメイク編~

*メイク前には、お肌表面のべたつきを抑えましょう

ベースメイクをする時には、お肌表面にスキンケアのベタつきが残っていると崩れの原因になってしまいます。
スキンケアをしてから5~10分ほど時間をおいてしっかり馴染んだのを確認した後か、時間が無い場合は表面だけ軽くティッシュオフして、肌表面にベタつきが残っていない状態でベースメイクを始めていきましょう。

*崩れないメイクの要は下地です

最近では下地効果も兼ね備えたファンデーションなども販売されていますが、夏のベースメイクには化粧下地は単品で使用するのがおススメです。
下地をつけることによって肌の凸凹がフラットになり、ファンデーションの密着度が高くなります。また、”皮脂吸着成分配合”のものを選べば皮脂による崩れにも効果的です。全体用の下地だけではTゾーンのテカりが抑えられないという方は、部分用下地を取り入れるのも方法の1つと言えるでしょう。

下地もファンデーションも厚塗りは厳禁です

ベースメイクは厚塗りすればするほどヨレやすくなってしまいます。夏のベースメイクは下地もファンデーションも出来る限り薄くしましょう。
また、カバー力重視の方は、少量でもカバー力の高いファンデーションを薄くつける事をおススメします。どうしても気になる部分はコンシーラーでカバーして、顔全体は極薄に仕上げるのが崩れにくいベースメイクのカギです。

夏のファンデーションはリキッドorクッションタイプがおススメです

乾燥が原因で化粧崩れしてしまう方は油分多めのクリームファンデーションがおすすめですが、そうでない場合は油分の多いファンデーションを使うと崩れやすくなってしまうのでクリームファンデーションは控えた方が良いでしょう。
ですが、逆にさらっとした質感が夏に向いていそうなパウダータイプのファンデーションも実はあまりおススメできません。粉状の化粧品は汗に弱く、皮脂と汗が混ざった時のパウダーファンデーションの崩れ方は悲惨ですよね…。
皮脂や汗の分泌が多くなる夏は、リキッドファンデーションかクッションファンデーションがおすすめです。尚、クッションファンデーションに関しましてはツヤタイプのものですと油分でドロドロしてしまう可能性がありますのでマットタイプがおススメです。

*夏のベースメイク仕上げはパウダーが重要です

近年、ツヤ肌の流行で、ファンデーションの後に仕上げのパウダーを使わない方も増えてきていますが、崩れやすい夏場は仕上げのパウダーは必須と言っても過言ではありません。
汗や皮脂に強いパウダーでベースメイクをしっかり固めることによって、ファンデーションのヨレを最小限に抑えてくれます。
コンシーラーはファンデーションよりもヨレやすいアイテムなので、コンシーラーをつけた部分は特に念入りに行いましょう。さらにTゾーンなど皮脂崩れしやすい部分はマットに仕上がるサラサラの粉質のものを、目元などの乾燥しやすい部分はしっとりとした粉質のミネラルパウダーを選んで使い分けるとさらに効果がでます。

*ベースメイクはお肌への密着力かポイントです

ベースメイクの崩れを防ぐポイントは、なんと言っても肌への密着力と言えるでしょう。
スキンケア・下地・ファンデーション・パウダーと、すべての工程でしっかりとハンドプレスして肌とメイクを密着させましょう。リキッドファンデーション派の方は、全体にファンデーションを広げたあとにスポンジで叩き込む事で余分なファンデーションを取り除いて密着力を高める効果があるので、是非スポンジを使ってみてください。

~乾燥肌編~

*スキンケアもベースメイクも保湿を重視しましょう

乾燥が原因で化粧崩れしてしまう方は、スキンケアもベースメイクも保湿がとても重要となってきます。日々のスキンケアで水分と油分をしっかりとお肌に与えてあげましょう。メイクの前にシートマスクをするのもおススメです。
ファンデーションは美容成分や保湿成分が配合されたタイプのクリームがおすすめです。仕上げのパウダーは皮脂が気になるところ以外には使用しないのがいいかと思います。

*日中もミストを使って保湿をしましょう

メイクをしている間も保湿は重要です。少しでも空気が乾燥していると感じたらこまめにミストなどを使用し、保湿しましょう。保湿成分が配合されていないミスト(ほぼ水のような製品)は水分が蒸発して逆に乾燥してしまう可能性があるので、必ず保湿成分配合のミストを使用しましょう。オイルインタイプのミストがおススメです。
また、エアコンで乾燥してしまうオフィスなどではハンディタイプの加湿器でデスク周りの乾燥対策をするの良いかと思います。

~メイク裏技編~

*厚い部屋では化粧しないように

「メイクしているそばからどんどん崩れていく…」真夏はそんな日も珍しくないかと思います。短時間で皮脂が過剰に分泌される事はあまりないですが、猛暑の日はメイク中も汗をかくことによってどんどん崩れてしまいます。出来る限り汗が引いた状態でメイクをするのが一番ベストですよね。涼しく保ったお部屋でメイクする、首のうしろにタオルで巻いた保冷剤をあてて冷やしながらメイクする、冷感スプレーで体感温度を下げるなど、とにかくメイク中は汗がでないよう工夫しましょう。

【まとめ】

今回は真夏も崩れにくいメイク方法や裏技のごしょうかいをさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?猛暑日でも、お直しできない忙しい日でも、崩れないメイクでいつでも“全方位綺麗”をキープして夏を楽しみましょう‼

お化粧がもっともっと馴染んで崩れにくく、さらにお肌のトーンアップや美容改善にも役立つ、フェイシャル脱毛もおススメです。お顔の産毛をWAX脱毛で除去する事によって、産毛のせいで出来ていた”影”が無くなり、お顔が明るくトーンアップする効果や、日焼け止めや下地もお肌に馴染んでとてもお化粧のノリが良くなります。

”フェイシャルWAX脱毛”に関しての詳しいご紹介はこちらの記事をご覧ください。

関連記事

  1. 顔脱毛で得られる効果

  2. 【顔脱毛】フェイシャル脱毛の効果は??

  3. 保湿にオススメ!!乳液と保湿クリームの違いを知ろう

  4. あなたの肌の種類は??お肌にあう保湿方法とは

  5. 気になる脇の黒ずみ改善

    気になる脇の黒ずみ、改善出来る?

  6. 【WAX脱毛】前後のケアについて

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

ご予約・ご質問などはラインでも受け付けております。

友だち追加