気になる毛穴の汚れ。本当にきれいになるの?目指せ”毛穴美人”

厚塗りのファンデーションでも隠せないほどブツブツの黒ずんだ毛穴や、いつも大きく開きっぱなしの毛穴、皮膚が乾燥でゴワゴワしていて毛穴まで硬くなっているお肌のお悩みを感じていらっしゃる方も多いかと思います。

こうしたお肌のトラブルで悩んでいる方たちからは、
「毎日しっかり洗顔しているのに毛穴の汚れがまったく取れた気がしない」
「毛穴パックを定期的にしているのに黒ずみが解消されずに悩んでいる」
などという意見をお聞きすることがあります。

毛穴の汚れを解消する一番の方法は、毎日の洗顔にあります。
きめ細やかなたっぷりの泡で優しく丁寧に洗い上げ、その日の汚れはその日のうちに、しっかりと落とし切ればキレイな毛穴は持続するのです。
しかし毛穴の奥にたまった汚れを取り除きたいからといって、ゴシゴシ力を入れてこすり洗いをしてしまうとお肌への刺激となり、毛穴が炎症を起こし、さらに目立ってしまいます。
さらに毛穴の黒ずみをどうにかしたいからといって、毛穴パックを頻繁に行っていては、良くなるどころか毛穴はダメージを受けてしまい逆効果となってしまいます。
毛穴をきれいにするためには、日々のスキンケアを見直す事が必要となります。
さらに週1回のスペシャルケアを施すことで、キレイな毛穴が持続し美肌を取り戻すことができるでしょう。

1.毎日のスキンケアと特別なスペシャルケアで綺麗な毛穴を実感しましょう

*スキンケアの見直しと毛穴の汚れを綺麗にするスペシャルケアとは?

毛穴の汚れや黒ずみが出来る主な原因として挙げられるのが、毎日のクレンジングと洗顔不足や乾燥肌などによる皮脂の過剰分泌と言われています。
落とし切れなかったメイク汚れや皮脂・古い角質・空気中の汚れなどが混ざり合うことによって、その汚れが空気に触れると酸化し、毛穴の中や毛穴周りが黒ずんでしまいます。
また洗顔のやりすぎや洗浄力の強い洗顔料などを使用していると、皮膚に必要な皮脂や角質まで落としてしまい、乾燥肌を招いてしまいます。
お肌は乾燥から守ろうと過剰に皮脂を分泌し、余分な皮脂が毛穴に詰まりやすくなってさいまうのです。鼻の周りや頬を手で触った時にざらつき感がある場合も、毛穴の汚れ詰まりが原因の可能性もあります。正しい洗顔方法を毎日行うことで、このざらついた感触も、ツルツルすべすべしたお肌へと改善していきます。
ここからは、毛穴の汚れを除去する基本のスキンケアと、毛穴トラブルにおすすめのスペシャルケアをご紹介させていただきたいと思います。

2.スキンケア~基本編~

日々の洗顔をしっかりしているつもりでも、洗い足りない部分や、すすぎ残し等がどうしても出てきてしまいます。皮脂の分泌が多く毛穴詰まりが多くみられるTゾーンを中心に、丁寧に洗顔を行いましょう。洗顔回数の目安はおおよそ、1日2回までが基本となります。
それ以上の洗顔となると、お肌にダメージを与えることになってしまい、さらなる毛穴トラブルの原因となりかねません。
次に基本のスキンケアの手順についてです。

1*クレンジング

メイクをしている人はクレンジングをしましょう。
・適量のクレンジング剤を皮脂腺の多い、額、鼻のTゾーンに伸ばしていきます。
(ここでは、お肌をこすらずに、指をクルクルと回しながら優しくメイクとなじませるように伸ばしましょう。)

・頬、顎周りをクレンジングしていきます。

・メイク全体となじんだら、ぬるま湯で流します。
(髪の生え際・小鼻のまわり・フェイスラインは洗い残しの多い部分なので、しっかりと洗い流しましょう。)

※クレンジング剤はいろいろなタイプがありますが、刺激が少なくお肌に優しいクリームタイプやミルクタイプがいいでしょう。着色料や香料・パラペン・アルコールなどの添加物の入っていない、シンプルなものがお肌に負担が少なく、おススメです。

2*洗顔

クレンジングの次は洗顔です。

・洗顔料をよく泡立てます。
(泡立てネットを使うと短時間で、もこもこの泡が作れるのでおすすめです。)

・たっぷりの泡を額から鼻・フェイスライン・頬へと順に洗っていきます。
(洗う際は、お肌をゴシゴシと、擦り洗いはやめましょう。泡を転がすようにしながら泡に汚れを吸着させるイメージで洗っていくのがポイントとなります。)

・ぬるま湯で洗い流しましょう。
(生え際・小鼻まわり・フェイスラインに泡が残りやすいので気をつけましょう。)
※すすぎ残しは肌荒れ、毛穴の黒ずみの原因となります。

洗顔は約2分以内を目安に終わらせるように心がけてください。長い時間洗顔をすると、お肌に負担を掛けてしまうことになってしまうからです。
洗顔後は、清潔なタオルで、こすらずに押さえるようにして水分を拭き取りましょう。

※洗顔料は洗顔クリームや固形石けん・ジェル・パウダーなどさまざまですが、いずれも着色料・香料・防腐剤など添加物が入っていないシンプルなものの方がお肌に負担をかけずに洗い上げるのでおススメです。

3*保湿ケア

洗顔後はすぐに保湿ケアをしてお肌の乾燥を防ぎましょう。

化粧水→美容液→乳液またはクリームの順番に行ってください。
特に、黒ずみ毛穴、汚れが詰まって触るとざらざら感があるお肌には、毛穴に詰まった角質を除去する作用がある、
・ビタミンC誘導体
・ヒアルロン酸
・サリチル酸
・ヒアルロン酸ナトリウム
・セラミド
などが配合された化粧水がおススメです。

化粧水はたっぷり手に取り、顔全体に乗せていき、手のひらで顔全体を優しくおさえ、内側から外側へ、下から上へ移動させながら行います。ここでは化粧水の成分をじっくりと浸透させていくイメージが重要です。
美容液・クリームも同じように、お肌をおさえるように付けていくと、毛穴の奥まで成分を浸透させることができます。

3.毛穴の汚れを除去~スペシャルケア編~

毎日の洗顔で毛穴のお手入れをしていても毛穴の黒ずみやお肌のざらつき感などが気になる場合には、週1~2回程のスペシャルケアを取り入れてみましょう。

*スペシャルケア1<酵素洗顔>

酵素洗顔とは、酵素入りの洗顔料で洗顔する毛穴ケアのことです。
酵素には古い角質や余分な皮脂を分解する働きがあるので、毛穴の黒ずみや詰まった汚れを除去する作用が期待できます。ゴワゴワしたお肌の表面に溜まった角質や皮脂汚れや、毛穴汚れを除去することで、お肌の色はワントーン明るくなり若々しい健康的な肌の色を取り戻すことができるでしょう。
酵素洗顔料に使われる酵素は、主にパパイヤの実から抽出したパパイン酵素と、パイナップルの実から抽出したパイン酵素などの種類があります。
酵素洗顔料はパウダータイプがほとんどで、通常の洗顔のようによく泡立てて、皮脂腺の多いTゾーンから洗顔していくのがコツです。酵素洗顔は週1回、夜の洗顔時からスタートしてみましょう。ですが、酵素洗顔を行って、お肌がピリピリしたり赤味が帯びるなど違和感がある時は、使用をすぐに中止しましょう。
気になる方は、事前に乾燥肌や敏感肌の人はパッチテストを行うと安心です。

*スペシャルケア2<クレイ洗顔>

クレイ洗顔とは、泥を使った洗顔のことです。超微粒子のクレイは強力な吸着力を持ち、毛穴に詰まった皮脂や黒ずみをごっそりと除去してくれる効果があります。
クレイは吸着力で汚れを取り除くのが特徴で、お肌に摩擦をかけて洗浄する洗顔料よりもお肌に優しく、敏感肌や乾燥肌にも刺激が少ないと言われています。

*スペシャルケア3<ホットタオルスキンケア>

ホットタオルを顔にあてると、毛穴が開き、毛穴に詰まった角質を柔らかくし汚れを取りやすくしてくれます。さらには、肌が温まることで血流が良くなりお肌の代謝を高め、老廃物を流してくすみを改善する作用もあります。むくみの解消や、目の下のクマのケアにもホットタオルはおススメです。

ホットタオルスキンケアの手順
1.クレンジング、洗顔後のお肌に対して行います。

2.ホットタオルは、水で軽く濡らしたタオルを電子レンジで30秒から1分ほど加熱します。
機種やワット数によっても異なるので、最初は短い時間で確認しながら温めてみましょう。
(この際に熱くしすぎると火傷するおそれがありますので充分に注意してください)
3.ホットタオルを開いて温度を確認してから、顔全体に載せ両手で軽くおさえます。約3分そのままにします。
4.ホットタオルを顔から外し、すぐにいつも通りの保湿ケアを行いましょう。
この時、ホットタオルで温められた毛穴は大きく開いた状態になっているので、化粧水や美容液の成分が浸透しやすくなっています。
また冷やした化粧水を使うと毛穴がキュッと引き締まります。

*スペシャルスキンケア4<サロンでのお顔の産毛WAX脱毛>

お顔の産毛脱毛とは文字通り、お顔全体に無数に生えている産毛(ムダ毛)を
脱毛するケアのことです。≪脱毛=ケア≫を結びつけるは・・・
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実は、脱毛方法にも
いくつか種類があり、中でも”WAX脱毛”は直接脱毛箇所へWAXを塗布し
剥がしていく手法で、毛根からムダ毛を抜き去ることが出来るので
ムダ毛と一緒に毛穴の奥に潜んだ角質も根元から除去することが出来るのです。

サロンで行うフェイシャルWAX脱毛では、脱毛後に毛穴の炎症を抑えるクリームや
毛穴をキュッと引き締める効果のある専用パックなどのアフターケアもありますので安心です。
さらには、今までお顔に影を作っていたムダ毛を除去することにより
”お肌のトーンアップ”効果も、お肌にハリが出るのでリフトアップ効果も…一石三鳥ですね。
気になるフェイシャルWAX脱毛のコストに関してですが、こちらはサロンによって異なりますが、他の脱毛方法に比べるとかなりリーズナブルなお値段と言えるでしょう。
是非一度お試しいただければと思います。

4.毛穴ケアの間違った方法とは?

ここまでいくつかの毛穴ケア方法をご紹介させていただきましたが、毛穴ケアはやり方を間違えてしまうと、大きなトラブルに繋がってしまう可能性もあります。

ついやってしまいがちな間違ったケアをご紹介させていただきます。

1.”無理やり”毛穴の汚れを除去しようとする
ピンセットや指で、毛穴から顔をだしている汚れを無理やり除去しようとするのは逆効果です。お肌を傷つけてしまい、毛穴が余計と大きく広がり、黒ずみが目立ってしまいます。

2.毛穴パックを毎日行う
ピンセットでムリやり抜く行為と同じで、市販の毛穴シートで貼ってはがすタイプの毛穴パックはお肌にダメージを与え、毛穴を広げてしまいます。
また皮膚に必要な角質までもはがれてしまうので、さらに悪化させてしまう可能性もあります。毛穴パックは目に見えて毛穴の汚れが除去できるのですっきりしますが、一度広がった毛穴は元の大きさに戻るのが難しいといわれています。
そのような肌への負担を考えると、なるべく使用を避けたいアイテムです。

3.過度な毛穴ケア
スクラブ洗顔・ピーリング・毛穴パック・酵素洗顔など毛穴ケアは、頻繁に行うと逆に毛穴に負担を掛けてしまいます。やりすぎるとお肌が硬くなってしまったり、毛穴が大きく開きっぱなしになる、などの毛穴トラブルを引き起こしてしまいます。

5.まとめ~綺麗な毛穴を目指す方へ

毛穴の汚れを綺麗にするためには、日々のスキンケアがとても大切です。
汚れは翌日に持ち越さず、その日のうちに洗い落としてあげましょう。
そうした毎日の積み重ねがあってこそ毛穴レスの美肌が取り戻せます。
毛穴の汚れを除去するスペシャルケアを週1〜2回ほど取り入れ、汚れの溜まらない健康的で綺麗なお肌を目指しましょう。

関連記事

  1. 中高生のムダ毛の悩み

    中高生のムダ毛の悩み、解決します!

  2. 毛の仕組みについて

  3. ハンドケア

    冬の手荒れにも効果のあるハンドケア方法

  4. 身体の毛穴が気になる方必見。毛穴の仕組みとケア方法

  5. 零~BeautyLounge~ブログ始まりです!!

  6. 夏に浴びた紫外線ダメージを持ち越さない為には?

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

ご予約・ご質問などはラインでも受け付けております。

友だち追加